車買取(車売却)で付けているパーツは付けたまま売ったほうが良いのか?外したほうが良いのか?の判断の仕方と、ドレスアップカー・チューンドカーを高く売る方法を解説

この記事は約 11 分で読めます。

車買取(車売却)する際に、ドレスアップで付けたパーツは付けたまま売った方が良いのか?それともノーマルに戻した売った方が良いのか?迷うことがありますよね。

車買取(車売却)で付けたパーツが査定で評価されるか否かは、ケースバイケースです。

ライター

今回は、僕の過去の経験も踏まえて、パーツを付けたまま売った方が良いケースと外してノーマルに戻して売った方が良いケースや、チューンドカーや改造車を高く売る方法についてお話しました。今後の参考にして戴ければ幸いです。

車買取(車売却)の際に、パーツを付けたままのほうが良いケース

ライター

車買取(車売却)をする際に判断に迷うのが、車に付けたパーツのことです。

車をドレスアップしたり、またはチューニングしている方は、パーツを付けたまま買取してもらうか、パーツは外してノーマルに戻して車を買取してもらい、残ったパーツは別で買取してもらうかの判断に迷うでしょう。

この項目では、パーツを付けたまま車買取(車売却)したほうが良いとされるケースについてお話しました。

メーカーオプション(純正パーツ)やディーラーオプションが付いている車

メーカーオプションやディーラーオプションのカーナビなどの電装部品は付いていることによって査定価格にプラスされるのが期待できます。

これは、ホイールやエアロパーツなども該当しますが、カーナビの場合は特にメーカーオプションのものが付いている場合は社外品のカーナビとは査定価格に差がつきます。

特に「VICS」という機能が付いたカーナビはとても重宝される傾向にあるようです。

また、運転アシスト機能が付いている場合も査定に大きくプラスに働きます。日産であれば「プロパイロット」やスバルならば「アイサイト」でしょうか。このようなメーカーオプションじゃないと取り付けることのできないパーツ(もちろん取り外すこともできませんが)は、とても価値があります。

その他のディーラーオプションなども良い査定が期待できる場合があります。トヨタ車ならば「モデリスタ」のホイールやエアロパーツ装着車は査定にプラスとなるのが期待できるでしょう。

VICSとは?

「VICS(ビックス)」とは、道路の渋滞や交通規制などの道路情報を、通信・放送メディアによって送信し、カーナビゲーションに届けるシステムです。

VICSから提供される情報としては、渋滞情報、目的地までの所要時間、事故、故障車、工事情報からサービスエリアやparkingエリアの駐車場の満車・空車情報まで至れり尽くせりと言っても良いほどの情報を得ることができるシステムです。

 

メーカー系列のパーツメーカーのパーツが付いている車

メーカー系列のパーツメーカーとは、国産車の場合、日産であれば「NISMO(日産モータースポーツインターナショナル)」、トヨタであれば「TRD(トヨタ・レーシング・デベロップメント)」、マツダであれば「MAZDA SPEED(マツダスピード)」、三菱であれば「RILLIART(ラリーアート)」がそれらに該当します。

輸入車にもこのようなメーカー系列のパーツメーカーの装着車も査定にプラスに働くことが期待できます。メルセデスベンツであれば「AMG(エーエムジー)」BMWならば「AC SCHNITZER(ACシュニッツァー)」あたりでしょうか。

昔と違って、マフラーやサスペンションと言ったチューニング系のパーツを作るメーカーは少なくなってはきましたが、エアロやステアリング、ホイールなどのドレスアップパーツは、ディーラーオプションに設定されていることも多く、装着されている車は査定に良い方向で影響することが期待できるでしょう。



車買取(車売却)の際に、パーツを外したほうが良いケース

ライター

高級で人気のあるパーツであっても、取り外して車自体をノーマルに戻して車買取(車売却)したほうが良いとされるケースもあります。

この項目では、パーツを取り外して車買取(車売却)してほうが良いケースについてお話しました。

車買取(車売却)の際に、パーツを外したほうが良いケース

社外品パーツが付いている車
通常の買取業者はチューンドカー、改造車を嫌う!

 

社外品パーツが付いている車

車のパーツには、とても高価で人気のあるものがあります。ホイールであればBBSやRAYSのアルミホイールやマフラーであればHKSあたりのものは、デザイン性がとても良く高価です。

でも、いくら高価で人気のあるパーツであっても、純正でなく社外品である以上は査定にはほとんどプラスには反映されないと言ってもいいでしょう。

これはひと昔前にも言えることで、僕が以前に所有していた30ソアラ(3代目ソアラ)を売却した際もそうでした。30ソアラ(3代目ソアラ)には、レカロシート2脚、ボルクレーシングのアルミホイールをはじめ、その他人気のパーツがいくつか付いていました。でも査定には全くと言ってもいいほど反映されず、”ノーマルに戻して売れば良かった!”と後悔したものです。

このようなことを踏まえ、純正以外の社外品のパーツは、できる限り取り外して車をノーマルに戻して車買取(車売却)することをおすすめします。

 

通常の買取業者はチューンドカー、改造車を嫌う!

先述したとおり、純正以外の社外品のパーツは査定にほとんど反映されないどころか、車の状態によっては査定の価値が下がる恐れもあります。

結論から言ってしまうと、通常の車の買取業者はチューンドカーや改造車、昨今はカスタムカーという呼び方をしますが、このような車をとても嫌う傾向にあります。

通常の買取業者がこのようなチューンドカー等を嫌うの理由は簡単で、世間の一般のお客様はノーマルの状態で車を乗る方が大半です。また、このような車は事故を繰り返し起こしている可能性があったりすることや、ノーマルでなくチューニングされた車のボディやエンジンは通常よりも劣化するのが早いのです。

特に、ターボのタービンを交換しているものやエンジン本体まで手を入れている車はとても嫌う傾向にあります。僕も以前はチューンドカーに乗っていた経験があるので、チューンドカーに乗ることに反対ではありません。でも、チューンドカーや改造車に乗る方はほんの一部であって、ほとんどの方はノーマルの状態で車に乗るということを認識しましょう。

 

おすすめのパーツの買取業者

ホイールやマフラー、シートなどを買い取ってくれる業者がいくつかあります。車をノーマルに戻す際に、取り外したパーツは買取業者に売れたりできます。パーツの買取業者は以下の通りです。

 

アップガレージ

アップガレージは、日本最大級の中古パーツ買取業者です。

買取だけでなく販売も行っており、車のパーツだけでなく店舗によってはバイクのパーツの買取・販売もおこなっています。僕の知っている限りではここが買取では一番規模が大きいですね。

アップガレージ

 

オートバックスセコハン市場

カー用品のオートバックスが運営している中古パーツの買取ショップです。

日本全国どこでもってわけにはいかず、店舗数も少なめではありますが、「宅配買取」という手段もありますので、利用してみるのも良いでしょう。

オートバックス セコハン市場



ドレスアップカー、チューンドカー、改造車を高く車買取(車売却)ための方法

ライター

ドレスアップした車やチューンドカー、改造車は、残念ながら通常の買取業者からは嫌われる傾向にあります。

でも、チューンドカーであっても、今まで大切に乗ってきた車を高値で売却したいのは当然です。この項目では、そのような車をできるだけ高く売る方法についてお話しました。

ドレスアップカー、チューンドカー、改造車を高く車買取(車売却)ための方法

純正パーツは大切に保管しておく
チューンドカー専門のショップに買い取ってもらう

 

純正パーツは大切に保管しておく

愛車をドレスアップされている皆さんは、取り外した純正パーツを大切に保管していますか?

車をドレスアップする際は、取り外して使わない純正パーツは大切に保管をしておくことをおすすめします。マフラーやホイールは錆止めを塗布しておくなどの錆対策を入念にしましょう。特にホイールは対策をせずに放置しておくと、「白サビ」と呼ばれる錆が発生してしまい価値が大きく下がります。

保管場所や保管状態も大事ですね。丁寧に包装をして物置に保管したり、マンションやアパート住まいの方はバルコニーにストレージボックス等を置き、その中に保管しておきましょう。

それらの純正パーツは、車買取(車売却)をする際に、ノーマルに戻さなくても車と一緒に付けて売却するだけでも査定が良い方向に影響する可能性があるのです。

 

チューンドカー専門のショップに買い取ってもらう

ホイールやエアロパーツなどのドレスアップだけでなく、ターボチューンやエンジンチューンなどのハード系の改造車の場合は、通常の買取業者相手に車買取(車売却)を行っても、ノーマルほどの査定は期待できないでしょう。

また、エンジン本体に手が入っている場合やロールケージ(ロールバー)などボディチューンが施されている場合などはノーマルに戻すのが困難だったり、高額な工賃が発生します。

その場合はチューンドカー専門のショップに車買取(車売却)することを検討しましょう。

チューンドカー専門のショップは、全国どこでも存在します。それらのショップは、「この車種のこのようなチューニングはここが劣化しやすい」というのを理解しています。そこを自分たちでリビルトして再販売するのです。もちろんエンジンやターボのタービンなどのパーツにもとても詳しいのです。通常の買取業者よりも高い査定が付くことが期待できるかもしれませんね。



まとめ

ライター

いかがでしたでしょうか?

今回のお話は、大まかに言って、

車買取(車売却)の際に、パーツを付けたままのほうが良いケース
車買取(車売却)の際に、パーツを外したほうが良いケース
ドレスアップカー、チューンドカー、改造車を高く車買取(車売却)ための方法

でしたね。

ドレスアップカーやチューンドカー、改造車にも車買取(車売却)を行うのに高価買取のチャンスがあるのです。愛車を車買取(車売却)される予定がある方は、自分の車の状態に合わせて、今回のお話を参考にして戴けると幸いです。

 

あなたの車の値段がわかる!

「大事に乗ってきた愛車だから、できるだけ高く売りたい!」

車を大事に乗ってきた方の本音ではないでしょうか?でも、どこに見積もりに出せば高く買い取ってくれるのか?今まで車を買い換えるたびにディーラーなどに下取りに出していた方は迷うところですよね。

そういう方は、「車一括査定」を利用してみればいいかもしれません。

ただ、皆さんが心配されるのが、買取業者からの電話ラッシュです!

でも、大丈夫!中には一番高値を付けた1社や3社だけ電話があるサイトも存在します。良いサイトを選んで、是非愛車を高値で売却できるようお役立て戴ければ幸いです。


携帯電話やPC(パソコン)から、あなたの愛車の買取価格がわかる!

サイトの形式 主な特徴 サイト名
オークション形式のサイト 掛かってくる電話が一社のみ! 一括査定サイトで大変な思いをした方に!ユーカーパックなら電話も査定も1社のみ。最大8000店が金額提示!
最高値を付けた一社が落札 WEBで完結!まずはかんたん申し込み【楽天Car車買取】
オークション形式と一括査定形式の
いいとこ取りサイト
掛かってくる電話は一社~三社! 電話があるのは査定額上位3社(最大)のみ“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】
愛車無料査定も『カーセンサーNet』
一括査定サイト 掛かってくる電話は一社のみ! 車の一括査定なら【イカプラ】
10社に一括査定 大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼
大手で口コミ評判良し! 車買取・車査定・中古車販売ならカーセブン
最大30社へ査定依頼! 無料で一括診断!あなたの愛車査定

 

スポンサーリンク




「大事に乗ってきた愛車を高く売りたい!」 「愛車の売却で損をしたくない!」 と言う方は必見です!