洗車の大敵!イオンデポジットやウォータースポットの発生原因や対策、除去の仕方を徹底解説!

この記事は約 14 分で読めます。

車を所有していると、かならず定期的に洗車をしないといけないもの。

ただ、「洗車の大敵」と言われるのが、「イオンデポジット」や「ウォータースポット」である。自分の愛車で、あの白いリング状の水シミを見ると「ああ、またか!」と思ってしまう。

ライター

今回は、「洗車の大敵!」と言われるイオンデポジットとウォータースポットの発生原因や、発生しないための対策、また発生してしまった場合の除去の仕方についてお話してみました。

僕の経験上の知識がほとんどにはなりますが、参考にして戴けると幸いです。

イオンデポジットとウォータースポットの違いと、発生原因

ライター

車を所有して間もない方にとっては、「イオンデポジット」や「ウォータースポット」と言っても、とても理解しにくいかと思います。

この項目では、イオンデポジットやウォータースポットの状態や原因をできるだけわかりやすくまとめてみました。

 

イオンデポジットとは何か?

イオンデポジットとは、洗車をした際の拭き上げがきちんとできていなかったり、雨水が乾いて蒸発した際に水分だけが蒸発し、水道水や雨水に含まれるマグネシウムやミネラルなどの不純物が車のボディの塗装面に白くウロコ状に残った状態のことを「イオンデポジット」と呼ぶ。

イオンデポジットは、ボンネットやルーフのような車のボディの中でも平面状のところに発生することが多く、発生しやすい理由としては、洗車の拭き残しの水滴や雨水が流れ落ちにくい平面のため、そこに水滴が滞留しやすいためと言われている。

 

ウォータースポットとは何か?

ウォータースポットとは、イオンデポジットと同じく、洗車をした際の拭き上げがきちんとできていなかったり、雨水が原因になる。

わかりやすく言うと、小学生の時に虫メガネで黒い紙を太陽のレンズで焼いた理科の実験をしたことを思い出して戴きたい。あれと同じような現象が車のボディの塗装面で起こるのである。

上記の画像を見て戴ければわかりやすいと思うが、その虫眼鏡の役割が車のボディに残った水滴であり、水滴が太陽の強い直射日光を受けて車のボディの塗装面を焼いてしまい、塗装面に凹凸のクレーターを作ってしまう現象を「ウォータースポット」と呼ぶ。

クリア塗装までの浸食であれば、専門業者に研磨してもらえば改善するが、クリア塗装を超えてメタリックベースやカラーベース塗装面まで浸食してしまうと、再度の塗装が必要になってくるので放置してはいけない。

 

イオンデポジットの発生原因と落とし方

イオンデポジットは、車が雨に濡れたり、洗車の拭き上げの不完全が原因で発生する。

初期の頃のイオンデポジットなら、カーシャンプーを使っての洗車で落とすことができる。洗車をサボったりして放置しておくと常態化してしまい、通常の洗車では落とせなくなってしまうので注意が必要だ。

通常の洗車で落とせなくなったイオンデポジットは、専用のイオンデポジット除去クリーナーで落とすことが可能だ。ただ、イオンデポジット除去剤も薬剤の強弱があり、弱い薬剤では落とせないイオンデポジットはフッ酸配合の除去剤を使用しないと落とせない場合もある。

フッ酸は、人体に悪影響があるため、ゴム手袋やマスクを必ず着用しての作業が必要だ。

さらに放置しておくと、イオンデポジットが固まった状態になり、専用の除去剤でも落とせなくなってしまうので注意が必要だ。

 

ウォータースポットの発生原因と落とし方

ウォータースポットは、先述したとおりボディの塗装面に凸凹したクレーターができた状態のため、通常の薬剤では落とせない場合が多い。

ボディの塗装面を研磨する作業が必要になってくる。症状の比較的軽いものならコンパウンド入りのワックスで除去することができるが、たいていの場合はそれだけでは落とせない。

研磨が必要なウォータースポットは、正直言って素人では対処できない場合が多いため、板金専門店やコーティングの業者に依頼しての研磨作業が必要になってくる。

 

イオンデポジットやウォータースポットを発生させないための対策

ライター

ウォータースポットまでいかなくとも、車を所有している以上は、なかなか避けることができないイオンデポジット。僕もイオンデポジットの対処には結構、手を焼いています。

ただ、できるだけイオンデポジットやウォータースポットを発生させないための対策は講じることが可能なのです。ここではそれらの対策についてお話してみました。

 

ガレージ(屋内駐車場)で保管をする

ガレージ(屋内駐車場)保管の車は、イオンデポジットやウォータースポットや水垢だけでなく、日差しなどから車のボディを守ることが可能だ。夜露も防げるし、まさにガレージ(屋内駐車場)保管は、イオンデポジットやウォータースポットからの最強の対処法と言えるだろう。

駐車場の確保さえ困難な都心部に住まれている方々は、ガレージ(屋内駐車場)の確保は難しいかもしれない。ただ、戸建てに住まれている方々や富裕層の方々ならガレージ(屋内駐車場)の確保や建築によって、車を守ることができるのだ。

 

こまめに洗車をする

先述したガレージ(屋内駐車場)の有無にかかわらず、こまめな洗車はイオンデポジットやウォータースポットから車を守ることが可能だ。

屋外駐車場(青空駐車)に愛車を保管している場合は、できれば一週間に一度の洗車が必要となるだろう。

僕の場合も、一戸建ての家には住んでいるものの、愛車の保管は屋外駐車場だ。カーポートも付けていないので、こまめな洗車が必要となる。できるだけこまめに洗車をするようにはしているが、なかなか忙しくて毎週の洗車ができない場合もあるため、将来はガレージ(屋内駐車場)の建築を検討しているのと、頑丈で品質の良いカーカバーの使用を模索中だ。

 

洗車後の拭き上げを丁寧に行う

洗車の際に、拭き上げがきちんと行われていなくて、車のボディに水滴を残してしまうことは、イオンデポジットやウォータースポットを発生させてしまう大きな原因の一つになる。

「洗車は拭き上げが命」と言われるぐらい拭き上げがキチンとできているか否かで、イオンデポジットやウォータースポットや水垢からボディの塗装面を守ることができるのだ。

僕も運転免許を取得し、自分の愛車を所有してから最初の頃は、この拭き上げ作業をおろそかにしていた時期があった。そのようなことが積み重なると、当然愛車のボディの塗装面はどんどん劣化していく。気づいたときには表面のクリア塗装が剥がれ、ウォータースポットに浸食されている状況で、仕方なく部分的に塗装をし直した経験がある。

「たかが拭き上げ不足ぐらいで!」と思われるかもしれないが、洗車の拭き上げ作業を舐めていると大変なことになるので、洗車後の拭き上げ作業は丁寧にやることをおすすめしたい。

洗車の後の拭き上げ作業に必要な道具と使い方|正しい洗車後の拭き上げ作業のやり方を徹底紹介!

 

雨が降った後は直ちに洗車をする

イオンデポジットやウォータースポットの発生原因の一つに雨が降った後に車のボディに付着した水滴がある。

雨が降った後は面倒かもしれないが、早めに洗車を行うことをお勧めしたい。早めに洗車を行うことで、ボディの塗装面をイオンデポジットやウォータースポットから守ることができる。

ガソリンスタンドが雨の日の洗車をおすすめしている理由は、雨の日こそ、早めに洗車をして愛車をイオンデポジットやウォータースポットから守りましょう!という意味かもしれない。現実に雨の日の洗車の料金が割引になっていたりするのだ。

あと、愛車が酷い泥汚れになってしまったときも、早めの洗車をしておきたい。

 

親水タイプのコーティングを施工する

車のコーティングには、下の表のように大きく分けると3種類のタイプの水滴が存在する。結論から言うと、イオンデポジットやウォータースポットから塗装面を守る効果が高いのは「親水タイプ」のコーティングだろう。

タイプ 塗装面と水滴の接触角度 水弾きの特徴
親水タイプ 低い 40度以下 流れる
滑水タイプ 中間 40~90度
撥水タイプ 高い 90度以上 流れる

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

車のある暮らし(@carlife.tokyo)がシェアした投稿


上記の動画のように、撥水タイプや滑水タイプのコーティングが、水滴がボディの表面をコロコロと転がるのが特徴なのに対して、親水タイプのコーティングは、水が水滴にならずに流れ落ちるという特徴がある。

親水タイプのコーティングは、他のコーティングと違って、水滴がボディの表面に滞留しないため、イオンデポジットやウォータースポットなどの水シミからボディの塗装面を守ることができるのが特徴だ。

同じガラス系のコーティングでも、親水タイプのコーティングを施すことをおすすめしたい。

 

イオンデポジットやウォータースポットの除去の仕方

ライター

今回は、妻の10系アクア(初代アクア)のルーフのイオンデポジットが酷い状況なので、市販のイオンデポジット除去剤を使用して除去作業をしてみました。

結果は、イオンデポジットを十分には落とせなかったものの、だいぶ状態は良くなりましたので、やり方を報告してみました。

 

イオンデポジット除去剤を使っての除去作業

洗車は行っていたものの、ルーフに発生したままの妻の10アクア(初代アクア)のイオンデポジットの除去作業をやってみた。今回使用した市販の除去剤は以下の通りだ。

 

イオンデポジットが発生しやすい箇所

上記の画像の通り、イオンデポジットはルーフであれば真ん中あたりの平面に近い場所に水滴が滞留するので、そこに発生しやすい特徴がある。

この箇所を中心に部分的に除去作業をしていくことにする。

 

MONSTER STAIN REAPER(モンスターステインリーパー)

今回使用した市販の除去剤はこれだ。僕の愛車の30プリウス(3代目プリウス)のオイル交換の帰りに、近所のオートバックスで購入したものだが、Amazonや楽天などの通販で購入することもできる。車メンテナンス製品メーカーのプロスタッフの製品なので、いままでの高い品質の実績に期待して購入してみた。

 

箱の中の内容物は上の画像の通り。

モンスターステインリーパー本体 イオンデポジット除去剤
付属のゴム手袋 作業の際に使用
説明書 使い方の説明が明記されてある
付属のスポンジ 薬剤を車のボディに塗布する際のスポンジ
付属のクロス 塗布して乾いた薬剤を拭き取るのに使用

 

除去作業の動画

 

この投稿をInstagramで見る

 

車のある暮らし(@carlife.tokyo)がシェアした投稿

作業手順は上の作業の動画を見て戴ければわかると思うが、このような作業に慣れていない方のために、下に手順を画像入りでアップしておくのでご参考にして戴けると幸いである。

 

除去作業の手順

※画像をクリックすると拡大するよ

一連の作業手順

手順1:まず洗車をして、水滴を拭き上げる。ボディが汚れたまま除去作業をすると、塗装面に傷が付くので、必ず洗車をしてボディをキレイにしておくこと。

手順2:スポンジのフェルト面(白色)に薬剤を付ける。
手順3:縦方向と横方向の両方向に薬剤を塗っていく。(約1分間)
手順3:薬剤が乾かないうちに、付属のクロスを水で濡らし軽く絞って、拭き上げる。
手順4:最後に再度、洗車をして作業完了。

マスク、手袋、保護メガネを着用し、薬剤が身体に付着しないようにする。
使用箇所以外に薬剤が付着しないよう、マスキングテープ等でマスキングをする。

 

ライター

今回の作業では、10アクア(初代アクア)のイオンデポジットを十分に落とすことはできませんでしたが、作業前と比べて状態はだいぶ良くはなりました。恐らく軽度~中度のイオンデポジットであれば、この薬剤で落とすのは十分可能かと思います。

今後は、コンパウンドを使用しての手磨きや、電動ポリッシャーでの研磨作業も視野に入れて様子を見ようと考えています。

程度の問題にはなるが、これらの薬剤等で除去できないイオンデポジットもある。その場合はコンパウドを使用した手磨きや、電動ポリッシャーを使用してみるのも良いかなと考えている。

しつこくてなかなか取れない車の水垢をコンパウンド入りの水垢除去剤で除去してみよう!

 

ウォータースポットは自分では除去できない!

ウォータースポットは、先述したとおり浸食が進んでしまい、ボディの塗装面の表面に凸凹のクレーターが出来た状態である。ここまでくると素人の手作業では除去できないだろう。

そういう状態になってしまった場合は、コーティングや板金の業者に相談した上で、除去作業を依頼するのが賢明かと思う。下手に自分で除去作業をして事態が悪化しないようにして戴きたい。

 

まとめ

ライター

いかがでしたでしょうか?

今回のお話は、大まかに言って、

イオンデポジットとウォータースポットの違いと、発生原因
イオンデポジットやウォータースポットを発生させないための対策
イオンデポジットやウォータースポットの除去の仕方

でしたね。

洗車の大敵であるイオンデポジットやウォータースポットはとても厄介ですし、程度にもよりますが、一度発生してしまうと除去作業がとても面倒なのです。

是非、このお話を参考にして戴いて、愛車をキレイに保ってくれれば幸いです。

スポンサーリンク



「大事に乗ってきた愛車を高く売りたい!」 「愛車の売却で損をしたくない!」 と言う方は必見です!